2社間ファクタリングはおすすめ?

subpage01

ファクタリングは少額で手軽に資金調達を行いたいといった中小企業などに注目されている資金の調達方法の一つで、2社間ファクタリングや3社間ファクタリングといった方法があります。

例えば、2社間で行うファクタリングは、取引先に金銭債権を譲渡したと知られないで行うといった点に特徴があります。
金銭債権を譲渡したという場合、資金繰りが危うくなっていると取引先会社からは捉えられる可能性が否定できないといったデメリットがあり、資金繰りの悪化しているところと取引を継続するかどうか不安にさせてしま打という点などが有り得るといえます。

しかし、2社間であれば金銭債権買い取りをしてもらったことは取引先に知られないため、そうした点でおすすめの資金調達法です。

西日本ファクター MSFJ

また、この取引は2社間の契約となるため、最短で即日審査で資金化を図ることができるといった点でおすすめで、より気軽に行いやすいといった方法と言われています。



しかし、こうしたサービスを提供する会社にとっては、申し込み者から売掛債権譲渡がなされない可能性があるともいえ、リスクがあるといえます。

そのため、3社間ファクタリングよりも手数料が高く設定されるといったデメリットもあるのです。このサービスは資金提供額が少なくなるといった点だけでなく、より厳しめの審査が行われやすいといった点などもあると言われ、そうした良い点とそうでない点などをよく考慮して申し込むのがおすすめです。